C型肝炎とはどういったものか知っていますか

C型肝炎という病気を知っていますか?

おそらく病院に行ったりした時になにげなく貼ってあるポスターなどで知ることがあったり、自分自身が定期検診を受けた際、肝臓の数値が悪かったりした時にその検査をしましょうと言われて知ることがあるでしょう。

このC型肝炎とは肝炎を引き起こすと言われているウイルスに感染し、発症するものですが、多くの場合、気がつかないことが多いそうです。

しかし、放置しておくと慢性化して、肝硬変や肝臓がんになってしまうという病気でもあります。

このウイルスに感染すると、肝臓が硬くなってしまい、その機能が衰えてしまうのですが、自分が感染しているということがわからないことが多いので、症状が出てからは遅いという事もあります。

感染者の3割はなんの症状も出ないともいわれますが、残り7割は20年30年の経過を経て、発病に至るそうです。

C型肝炎は血液などの輸血といった事により感染する病気ですから、自分が過去、大きな手術をして輸血を受けたというような経験がある人などは意識して、定期検診等でこの検査も受けていた方がいいかもしれません。

C型肝炎のウイルスは100万分の1ミリメートルというくらいのレベルの大きさの微生物です。

遺伝子の違いでタイプも分かれるそうですが、日本人に多いのは1a、1b、2a、2bといったタイプで、中でも7割が1b型という事です。

この小さなウイルスに感染することで、治療をしないと慢性肝炎から、ついには肝がんに至るそうですから実際はとてもこわい病気といえるでしょう。

肝臓はよく沈黙の臓器といわれます。

異常があっても、代用する機能が高いため、それに気づきにくいからです。

中年以降、定期検診で脂肪肝といって、肝臓の周りに脂肪がついているといった指摘を受けたり、肝臓の値が少々高かったりすると、アルコールと控えるようにとか、ダイエットしなさいと医師にいわれることが多くなると思いますが、こういった検査ではC型肝炎かどうかはわかりません。

感染してから慢性化、肝ガンへの移行はこのようにすすみます。

C型肝炎の検査をしてみる

早期に発見することで治癒する病気でもありますから、検査を受けることが大切です。